2008年2月11日

apt-get upgrade 大騒ぎ

Webサーバーを3ヶ月以上もメインテナンス無しで動かしていたので、セキュリティーのため久々にapt-get upgradeしたら、ずいぶんとたくさんのファイルがupgradeされ、嫌な予感。
upgradeの最中、何も聞かれなかったので、無事終わったかと思いきや、apache2が動かなくなりました。
何度もapache2を再インストールして、どうにか最低限の動作が出来るようになったのですが、今度はPHPが動かない。
php5関係も幾度となく再インストールしてみましたが、その都度、apache2も落ちるようになります。
4時間かかって、原因を突き詰めたところ、eAccelerator とupgradeされたPHP5のバージョンとの相性のようでした。
最新のeAcceleratorのバージョンでも、ちょっと怪しそうなので、とりあえずeAcceleratorを無効にして、何とか回復。