2011年11月 1日

iTunes10.5とfireflyの相性

iOS5のため、iTunesを10.5にアップデートしたら、fireflyの曲リストが表示されなくなりました。
早速、ググると既に幾つかの報告が上がってましたが、解決方法が判りませんでした。

それから1週間ほどして、再度ググったら、今度は解決方法が見つかりました。
以下は、Debian squeezeでの解決方法です。

適当なディレクトリで、
$ sudo apt-get source  mt-daapd

mt-daapd-0.9~r1696.dfsgというフォルダが出来るので、そのフォルダの下の/src/plugins/ にダウンロードした21_itunes10.5.dpatchというパッチを保存し、パッチを当てます。

一応、先に、$ sudo /etc/init.d/mt-daapd stop でmt-daapdを止めておきました。

$ patch < 21_itunes10.5.dpatch

その後、makeしたり、make install したりすれば良いと思ったのですが、
./configure が最後まで完走しない。
そこで、
fakerootでdebパッケージを作ってみることに。

$ fakeroot debian/rules binary

すると、mt-daapd-0.9~r1696.dfsgフォルダの上に、
mt-daapd_0.9~r1696.dfsg-16_amd64.debというパッケージができたので恐る恐る、

$ sudo dpkg -i mt-daapd_0.9~r1696.dfsg-16_amd64.deb

としたところ、無事、インストール成功した模様。

問題のiTunes 10.5 からfireflyサーバに接続してみると、曲リストやsmart playlist が表示されました。

助かった。
 

 

2011年2月14日

古いオーディオアンプ

最近、音楽はほとんどPCのiTunesで聴いてます。

それで、昔使っていたオーディオアンプとスピーカーを引っ張り出してきました。

最後に稼働させてから、15年以上は経っていると思います。

アンプの方の動作が心配でしたが、どうにか生きている様子。

音質に関しては、まあ、それなりですが、とにかく図体がデカイ。

しばらくは、使い込んでみようと思います。

2010年11月 5日

fireflyのsmart playlists

fireflyのスマートプレイリストが動くようになったので、今度、サーバーを再構築したときのため、そのリストを保存しようと思いました。

しかし、そのファイルがどこにあるか判らず・・・・・。

以前のバージョンのfireflyでは、ある特定のファイルに記述されていたようですが、今はSQLiteのtableに書き込まれているようです。

そのファイルをバックアップしておけば良さそうです。

2010年4月10日

iTunesと携帯電話

iTunesでエンコードしたAACファイルを、携帯電話に転送して利用していますが、アーティスト名が表示されないという問題を抱えていました。

まあ、聴けるからいいやと、ずっと思っていたので、放置していたのですが。

この程、m4a23gpというありがたいソフトの存在を知り、この問題が解決しました。

作者様、ありがとうございます。

2009年7月17日

Bluetoothが途切れる

家で音楽を聞くときは、PCのiTunesで聞くことがほとんどです。
このとき、Bluetoothでヘッドフォンに飛ばしているのですが、PCのある部屋から少し離れると、音が途切れてしまいます。

Bluetoothのリピーターとかあったら便利なのに。

2009年3月 7日

眠りにつくための音楽

昨日のお話の続き。

iPod nanoを眠りにつくために使い出してから1週間以上経ち、少し曲に飽きてきたので、新たにCDからインポートして入れました。

Keith Jarrett / J.S.Bach : Das Wohltemperierte Klavier , Buch II
キース・ジャレット / J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第2巻

ハープシーコードなので、眠りにつくには少し華やか過ぎたかなと。

ところで、日本語入力にATOK 2009を使っているのに、 平均律もクラヴィーアも一発変換できないとは....。
前後の単語の関連でいけるかもと、 「ばっはへいきんりつ」で変換してみると、「バッハ平均」と、やはり誤変換
学習後は大丈夫なんですが、やはりこのくらいは一発変換してくれないと、ATOKのニューバージョンが出る毎に買っている意味がないじゃないですか。

2009年3月 5日

iPodの使い道

一時期、ほとんど使わなくなったいたiPod nano(初代)ですが、最近は睡眠誘導剤代わりに使ってます。
ですので、喧しい曲は抜いて、もっぱらピアノソロだけ。

カナルタイプのイヤフォンを着けたまま寝るので、目覚まし時計の音が聞こえず起きれないと心配しましたが、ちゃんと聞こえて、起こされてます。

2009年2月23日

iTunes 64bit版

どうもiTunesの調子が悪いと思ってました。
よく固まるし、固まったら強制終了も出来ない。
32bit版をインストールしていたようです。
ダウンロードサイトでは、OSが32bitなのか64bitなのかを自動判別するらしいと聞いていたので、何の疑問も持たずインストールしてました。

どうやらFirefoxでアクセスした場合、自動判別できないらしいとのこと。
(真偽は不明)

ということで、再度、サイトに行ったら、32bit版と64bit版、2つ用意してありました。

で、64bit版に差し替えました。
今のところ、順調に動いているようです。
相変わらず、立ち上がりは遅いですが。

2008年6月28日

また一つ増えました.

Bluetoothのレシーバーをまた一つ、買ってしまいました。
一体型だと、どうしても使い道が限定されてしまうので、この際、イヤーフォン部分が取り替えられるのにしてみましたが、これはこれで、まあ、いろいろ作戦を練らないといけないこともあるのですが、、、、。

Bluetoothの道は険しい!!

2008年5月25日

またまた携帯電話に逆戻り

iPod用のBlueToothアダプターが、あまり調子が良くない.

bluetooth_adaptor.jpg

(1) 音飛びが激しい
レシーバ側の通信ビットレートを下げることで対処出来ることがあるそうだが、私が使っているレシーバ3つの内の2つは、これをサポートしていない.

(2) 再生時間が短い
iPod本体の電源をオフ(実際は待機状態なんでしょうな)にしておいても、このBlueToothアダプターが結構電気を喰うようで、あっという間にiPodのバッテリーが上がる.

というわけで、なんだかiPodまで嫌いになってきて、iPod本体を子どもにあげてしまいました。
で、私の音楽携帯プレイヤーは、携帯電話に逆戻りと、、、、、、。
ただし、AACしか対応していないので、エンコードはもっぱらiTunesのお世話になるわけですが、過去の投稿にも書いたように、iTunesのバージョンの問題があるんですよね。
ところが、現時点での最新バージョンである、iTunes 7.6.2.9 だとその問題が解消されているという情報をゲット。
念のため、サブのVista64マシンで予備テストをして、本当に問題が無いことを確認してから、メインのXPマシンも7.6.2.9にアップグレード。 → OK
まあ、これはこれで幸せになったのですが、調子に乗ってWebサーバーのDebian Etch をアップグレードしたら、前と同じくeAcceleratorのバージョンのミスマッチングで、Apache2ダウン。
早速、eAcceleratorを最新バージョンにして、事なきを、、、、、、、。

ちょっとは学習せんかい  > 自分

続きを読む "またまた携帯電話に逆戻り"

2008年3月15日

iPod用BlueToothアダプター

前々からその存在は知っていて、だけど通販で買うのもなんだなと、市内の量販電気店を探し回ったことがあったSANWA製のiPod用BlueToothアダプター。

なかなか見つからなくて、やっぱ機会があったら通販で買うかと思っていたら、今日、偶然、某店で見つけました。

即ゲット!

初代のnanoに付けて使い始めましたが、付けると少し全体が長くなって、多少違和感を覚えるのは仕方なしと. これで、携帯電話のBlueToothを無理して使わなくて良くなった??
エンコードのビットレートが選択出来るようになったので、iTunesも古いのでなくて良くなった??

2007年12月21日

バージョンダウン

訳あって(どんな訳だ!)、最近、携帯MP3プレーヤーとして、携帯電話を使ってます。
が、このいわゆる音楽携帯ですが、とにかく使い勝手が悪いですよね。
ファイル形式を選びすぎ!!
今、私が使っている携帯電話は、AACの128kbpsでないダメ。
で、CDをエンコードするときは、iTunesを使っているんですが、久々にエンコードして携帯電話にファイルを転送して演奏しようとすると、NG。
半日ほど悩みましたが、結局、設定で128kbpsにしてあるのに、エンコード後、プロパティーを調べると125kbpになってます。
原因はこれに間違いないのですが、iTuensの最新バージョンだと、どうにもなりそうにありません。
仕方がないので、iTunes 7.3.1にバージョンダウンしたというお話でした。

いや、だからAppleは嫌いなんだってば!!
勝手に仕様変更しないでもらいたい。  プンプン。

2007年4月 2日

iPod Shuffleの充電

なんだかんだで、音楽携帯はiPod Shuffleを一番利用してます。
初代の細長いやつですが。
で、メインマシンを静かな方のP4マシンにして、CPUを換装した時にも一波乱あったのですが、まあ、どうでもいいファイルを失った程度でそれは済んだので、今後iPod Shuffleはこのマシンで扱うことにし、iTunesとか入れてUSB HubにiPod挿したら、挙動がいつもと違うんです。
今までだとiPodがiTuneに認識されるとインジケーターがオレンジ色に点灯したんです。
しかし、これが点灯しない。
点滅もしない。
散々情報を探してドライバーインストールしたり、iPod本体のリセットしたり、3時間ぐらいやったんですが、一向に変化無し。
で、どうやらiTuneの新バージョンでは、これでOKらしい??

勝手に仕様変更するかなあ、Appleさん。

2006年5月28日

iPodのファイル形式

携帯音楽プレイヤーとして、いくつかのiPodファミリー製品と他社の製品とを併用してきました。
そのため、今まではファイル形式としてmp3のみを利用。
ずっと256kbpsで使っていたのですが、さすがに無駄だと思い、192kbpsに変更。
ところが、ある日ある楽曲のある部分で音色が歪んでいるように感じました。
CDを直接聞いてみると、確かにその部分は微妙な感じで、歪んでいるような感じもあるし、そんな音色のような気も。
最近、mp3形式のファイルしか使えない方のイヤフォンジャック部分が接触不良になったので、この際、iPodだけでしか使えなくてもいいかなと、ファイル形式をApple Losslessに変更。
しかし、何枚かのCDをエンコードした時点で、とてもじゃないがファイルサイズが巨大過ぎ。
真偽の程は分かりませんが、iPodの場合、同じビットレートならmp3よりAACの方が高音質とのこと。
そこで、またもや20枚前後のCDを192kbpsのAACでエンコードして、試験運転中。