2007年3月30日

LANケーブルの配線、というかコネクターの自作

数年前、屋内のLANケーブル配線を工事業者に施工してもらったのですが、1階と2階の配線にどれくらいの長さが必要か判らなかったので、4本のうち2本を30mにしました。
ところが、その30mケーブルを使った部分は、実際には10mほどしか必要なく、残りの約20mは部屋の片隅でそれこそ蜷局を巻いていました。
いつか切断しようと思っていたのですが、2つのコネクター作成のために、割と高価な専用工具を買うのも何だなと、ずっと放置でした。
それが、先日某所で安い工具を見つけたので、早速、工事に着手。
ケーブルテスターが無いので、壊れてもいいHUBを両端に接続し、リンクされているのを確認するという無謀でいい加減な工作ですが、何とか大丈夫の様子です。