2005年6月18日

ソーダ水に合うのは

手元にあるスピリッツ群のうち、開封済みのものはそろそろ飲みきらないと古くなりそうです。
そのうち特に、ラムが余っています。
コカコーラC2と割って飲むつもりが、肝心のC2がこっそり撤退。
ロックやストレートで飲むには甘すぎるので、ソーダ水で割ってみたら、ますます飲みづらくなってしまいました。
やはりソーダ水と一番相性が良いのは、バーボンのようです。

2004年11月14日

Rum & Coke

rum&coke.jpg

暗い部屋で映画を観ている時も、当然酒は欠かせないわけであります。
酒の肴も楽しみだけど、映画を観ながらだと、せいぜい乾き物くらいじゃないと、映画に集中できない。
そこで、おつまみを必要としないドリンクの登場です。
Rum & Coke なら甘いので、それだけで何も要らなくなります。
う~ん、カロリー高め!

左の、Myers's Rum(dark)だと、甘々コンビ。
右の、Bacardi Rum(gold)がちょうどいいと思います。
レモンスライスがあればもっと美味しいのですが、面倒だし、第一、レモン常備してないし、私は滅多に入れません。

続きを読む "Rum & Coke"

2004年11月11日

Love Beer ? Guinness VS Yebisu

guinness.jpg

秋も深まり、肌寒い日々になりました。
日中、暑い日もありますけどね。
さて、ビールは1年中旨いわけだけど、秋から冬にかけてのビールはというと、キンキンに冷えてなくても美味しい、黒ビール。
黒ビールと言えば、GUINNESS!
あの独特の瓶のデザインも好きです。
ところが先日、サッポロビール(株)が輸入して発売している缶入りのドラフト・ギネスを見つけたので、早速、試飲用に購入。(写真右)
味比べのため、同じくサッポロが発売している、YEBISUの黒(写真左)もついでに購入。

どちらかというと、YEBISUの方が好きかも。
いつも飲んでいた、GUINNESSはこんな味だったかなあ。

ところで、ギネスの方ですが、なんか氷の塊みたいのが、缶の中で動いている感じがしたんです。
しまった! 凍らせてしまったのか?
だから、思っていた味じゃなかったのか!
めっきり外気温が下がると、冷蔵室でも氷結することあるので、たぶんそれだと。
次の日、空き缶を片付けようとしたら、なんか、缶の底でゴロゴロする物があるんです。
えーっ、凍ったんじゃなくて、異物が混入していたのか??
かなり焦りましたが、缶に印刷してある注意書きを読んで一安心。
以下、缶の注意書きより。

  缶内にフローティング・ウィジェットという白いプラスティック製の
  球型のカプセルが浮かんでいます。この働きで開缶と同時に
  缶内の圧力が一気に解放され、サージング(泡立ち)を起こし、
  本場アイルランドのパブで飲まれている樽詰めギネスと同じ、
  豊か  でクリーミィな泡のドラフト・ギネスを作り出します。

そうですか、それは解りました。
でも、本当に味も本場と同じなのか、どなたか試飲お願いします。

2004年11月 7日

バーボンソーダ用ソーダ水

soda.jpg


手持ちのオモチャデジカメより携帯電話の方が少しだけピントがいいので、携帯で撮影しました。
本来は「安酒探検隊」のところに掲載するところ、HTMLタグ書いてリンク張って、ファイルアップロードしてというのも面倒いので、ここに投稿。
日記を掲示板で書いている人の気持ちが、やっと分かりました。
なるほど、blogが流行っているのもこういうことか。
一応、blogも設置済みなんですが、デザインを全くしていないので、設定後、順次、blogに置き換えですな。

さて、飲料水代わりにビールを飲む季節も過ぎ、またそれも高コスト。
そこで安酒ジャンキーとして、どうしたものかと。
まあ、含アルコール清涼飲料水としては、やはりバーボンソーダが欠かせない。
バーボン自体、1本1000円ほどで手に入るにしても、意外とソーダ水が高コスト。
ついに見つけましたよ。最強のソーダ水。
写真中央のがYamayaオリジナルので、なんと1リットル105円。
ちなみに右横の500mlのも105円。今まではこれでした。
また、バーボンよりカナディアンウイスキーのソーダ割りが渋いということで、何やらわけのわからんカナディアンウイスキー、左端のやつ、840円。
最強コンビです。
ここ2週間は、ずっとこれ。

続きを読む "バーボンソーダ用ソーダ水"