2011年11月 1日

iTunes10.5とfireflyの相性

iOS5のため、iTunesを10.5にアップデートしたら、fireflyの曲リストが表示されなくなりました。
早速、ググると既に幾つかの報告が上がってましたが、解決方法が判りませんでした。

それから1週間ほどして、再度ググったら、今度は解決方法が見つかりました。
以下は、Debian squeezeでの解決方法です。

適当なディレクトリで、
$ sudo apt-get source  mt-daapd

mt-daapd-0.9~r1696.dfsgというフォルダが出来るので、そのフォルダの下の/src/plugins/ にダウンロードした21_itunes10.5.dpatchというパッチを保存し、パッチを当てます。

一応、先に、$ sudo /etc/init.d/mt-daapd stop でmt-daapdを止めておきました。

$ patch < 21_itunes10.5.dpatch

その後、makeしたり、make install したりすれば良いと思ったのですが、
./configure が最後まで完走しない。
そこで、
fakerootでdebパッケージを作ってみることに。

$ fakeroot debian/rules binary

すると、mt-daapd-0.9~r1696.dfsgフォルダの上に、
mt-daapd_0.9~r1696.dfsg-16_amd64.debというパッケージができたので恐る恐る、

$ sudo dpkg -i mt-daapd_0.9~r1696.dfsg-16_amd64.deb

としたところ、無事、インストール成功した模様。

問題のiTunes 10.5 からfireflyサーバに接続してみると、曲リストやsmart playlist が表示されました。

助かった。
 

 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kanazawa.tv/blog/mt-tb.cgi/262

コメントする