2009年2月 2日

経年変化に伴う電源の劣化

たまに使うWindows2000用のマシンが、シャットダウンしてもリブートしてしまう現象に悩まされていました。
いろいろネットで検索しても、それらしい原因が見当たらない。
NICやIDEカードを外してみても、変わらない。
いよいよ再インストールの覚悟を決め、念のためにもう一度BIOSを見てみると、どうも各電圧がそれぞれ低い。
かなり古い電源なので、どうやら経年変化による劣化で、スタンバイ用の5Vが低すぎることが原因かも。
ということで、手持ちの別の電源に交換したら、解決しました。
電源が原因の不具合は、初めての経験です。
取り替えた電源もかなり古いものなので、あくまで応急処置ですが、きっと、また不具合が出るまで、そのままにしておくんでしょうね。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kanazawa.tv/blog/mt-tb.cgi/163

コメントする