2008年9月29日

RTL8111C/RTL8168C

ある時、ふと気が付きました。
ファイルサーバーからファイルを転送する時のスピードについて。
同じHubにつながっているXPとVISTAとで2倍近くの転送スピード差があると。
XPもVISTAもAM2の64X2で、クロックもそれほど違わない。
XPの方がわずかに高クロックです。
まあ、VISTAは64bitバージョンですが。 とにかく、XPはVISTAの半分くらいしかスピードが出ない。
改めてオンボードのNICを調べると、XPマシンの方が、RTL8111C/RTL8168Cで、VISTAマシンは、RTL8111B/RTL8168Bのよう。
XPの方があまりに遅いので、ドライバーを最新にしたりしても全然ダメ。
かなり手を尽くしましたが、どうにもならないので、試しに手持ちのIntel PRO/1000 MT DesktopをPCIに挿して試してみると、今度はVISTAマシンより速くなったというオチです。
PCI-Eに繋がっているオンボードのNICより、PCIスロットに挿したNICの方が高速だなんて、さすが、蟹さんだわ。
速攻でVISTAマシンの方も、Intel PRO/1000 MT Desktopに換えました。
機会をみて、PCI-Eスロットに挿す、IntelのNICを購入するかも。

2008年9月21日

3ware 8006-2LP

そう言えば、長い間、3ware 8006-2LP SATA RAIDカードの動作状況を調べるユーティリティーコマンド tw_cli がLinux 64bit Kernel だと上手く動かないということを放置してました。
約1年くらい??
要はバグがあったぽいのですが、1年ぶりに挑戦しました。
tw_cli-linux-x86_64-9.5.1.tgzを落としてきて解凍し、コマンドをたたいてみると、32bitカーネルでも動いた(これはこれで予想外)ので、64bitカーネルに切り替えてみると、大丈夫、動きました。
/usr/sbin/tw_cli をこれに入れ替え、カーネルもlinux-image-amd64にチェンジ。
まあ、それほどパフォーマンスが変わるってこともないと思いますがね。

2008年9月13日

100円ショップの充電器

battery_cell.jpg
家で稼働するPCのうち、5台のマウスがワイヤレスで、電池が必要です。
また、デジカメも電池で駆動させているので、ダメになったアルカリ電池がすぐに溜まってしまいます。
それで、先月からSANYOのエネループ(写真右)に切り替えているのですが、本日、前から気になっていた100円ショップの充電器と充電電池(写真左)を買って来ました。
圧倒的なコストパフォーマンスなんですが、なにせ、Made in 某国。
安全性を考慮して、購入を見送ってました。
で、本日、勇気を出して買ってきたと。
左はセットで、315円。右は、5,280円。
100円ショップのを4本に換算しても525円。
約10倍の違いは凄い!
恐る恐る、2本だけ使ってみます。

JavaScript無効

訳あって、ブラウザーのJavaScriptを無効にしてアクセステストする機会がありました。
当初の実験目的は果たしたので、試しにこのページにアクセスしてみたら、かなり見栄えが違うことに、今更ながら気が付きました。
カレンダーはAjaxだし、一部のメニューの折りたたみはJavaScriptなので、そりゃそうなんですが。