2007年10月20日

2.5インチのHDD

Webサーバーのデータバックアップに、外付けのHDDを使っているのですが、静音と低発熱を目指して5400rpmの3.5インチHDDにしてました。
が、それでも振動が大きかったり、発熱も7200rpmのと、それほど変わらない。
そこで、2.5インチですよ。
今のところ、2Gもあれば十分足りるのですが、そのような2.5インチのHDDは当然、現行商品には無く、するとオークションで買うしかないのですが、まだ適正価格を把握していないので、ツッパリようがない。
で、たまに行く中古パーツ屋さんというかジャンク屋さんで、不良クラスタとマジックで書かれたHITACHIの30Gのを発見。
一応お店の人に、「不良クラスタ」ということは、認識はするんですよね?と聞くも、あくまでジャンクなのでそれも保証出来ないと。
値段を聞いたら500円だそうで、まあ、それならダメ元かなと買って帰りました。
途中、2.5インチの外付けケースも買って帰りました。
勇んで、WindowsXPなマシンに繋いでみると、確かに認識はするものの、領域を確保しようとすると、その時点でエラーの頻発。
やられた!と思いながらも、あれこれやっているうちに、何とか使えそうな雰囲気が出てきて、それならと物理フォーマットツールでローレーベルフォーマット敢行。
無事、フォーマット終了までたどり着きましたので、Webサーバーに繋いで、ext3でフォーマットし、只今、試験運用中。
このまま問題無しなら、とってもラッキーなのですが、そうは問屋が卸さないんでしょうね。
しばらくして、不良クラスタの激出か?

1日経ってfsckしてみると、やはり不良クラスタが出ている模様。一応、修復しましたが、やはりサーバーのバックアップとしては危なっかしいかも。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kanazawa.tv/blog/mt-tb.cgi/127

コメントする