2007年1月 5日

P4に逆戻り

2007年になっても新規投稿をしてなかったので、Blogは2006年のままでした。
ということで、何でもいいから投稿するということで。
昨年の10月頃だったかに、中古パーツ屋さんでP4用のマザーを見つけました。
P4は発熱量が多いので、二度と使わないと心に決めていたのですが、そのマザー、何と約1200円。
付属品がほとんど無く、付いていた物は、ASUS製のIDEケーブルが2本のみ。
マザーはMSI製なんですが、、、、、。
うっかり買ってしまったのは良いのですが、家には手持ちのP4も無いし、余っているDDRも無い。
このままゴミになるのも構わないと思いつつも、せめて動作試験ぐらいはしたいなあ~と。
で、昨年の年末に新品のDDRと中古のP4 1.6GHzを入手してマザーが起動することを確認。
そのまま終了でもよかったのですが、つい、サブマシーンのP3マザーと入れ替えてしまいました。
下手をすれば、P3 1.13GHzより遅いんじゃないかと思ってましたが、一応、SuperPAIで計測してみました。
SuperPAI 104万桁
P3 1.13GHz  → 2分29秒
P4 1.6Ghz  → 1分59秒   と、このデータだけなら少しは速くなっているのですが、体感的には、むしろ、もっさり感が強くなった気がします。
マザーを換装したとき、HDDを繋いだだけでWin2kが立ち上がったので、OSは再インストールしてませんが、各種ドライバーもほぼ自動でインストールされたようなので、この辺は問題が無いと思うのですが、、、、。
まあ、あくまでサブ機なので、あまり使いませんが。