2005年1月16日

Salt

salt.jpg

料理には欠かせない塩であります。
実は多少は塩にこだわっているけれど、それほど味の違いが分かるわけではありません。
が、スーパーなどで綺麗なパッケージの塩をみつけると、ついつい買ってしまいます。
これは、他のスパイスでも同様です。
高価な物は買えませんが。

さて、写真のものは安売りスーパーで、1つ200円で買ったもの。
定価600円と書いてあったので、安さに釣られてつい衝動買い。
その後、放置してあったのですが、あるとき使ってみたら、これが旨い。
まず右のが普通の海塩。
国産のブランド塩に比べると、かなり磯臭いのですが、これが旨い。
何に使っても旨いんだけど、主に天麩羅に付ける塩として食してます。
左側のは、ハーブ塩。
これはさすがに癖がありますが、フライドポテトやパスタに使うとやはり旨い。

それで、これらの塩を探しているのですが、買ったスーパーではどうやら一度きりの入荷だったようで、その後、そのお店に置いてあるのを見たことがありません。
たまに他のスーパーでも探しているんだけど、まだ見つけていない。

ハーブ塩の方はまだ少し残っているんですが、普通塩の方はもうほとんどからっぽ。
売っているお店の情報、希望です。

もう一つ、私が後生大事にしている岩塩がありますが、このお話はまたの機会に。

2005年1月 6日

20年間、ご苦労様。

knife.jpg

いきなり物騒な写真ですが、事件の証拠写真でありません。

ずっと使い続けた包丁のうちの1本とお別れです。
まだまだ使えるどころか、やっと手に馴染んできたんですが、柄の部分の錆が少し気持ち悪くなってきたので、思い切って買い換えました。
今度のはステンレスに鋼を割り込んであるので、一応錆びにくいはず。

写真上のが使い慣れたので、下のが新しく買ったものです。
古い方は、研ぎによってかなり短くなってます。
元々、刃渡り24cm有ったはずですが、幅も長さもすり減ってます。
今回買ったのは、刃渡り27cmで、錆びなければ、おそらく今後30年は保つでしょう。
この割り込みタイプが本当に錆びに強ければ、他にペティナイフとかの手持ちの鋼製の包丁も、同じシリーズに買い換えですね。